アクアを安く購入するための簡単値引き交渉方法

2017年にアクアの値引きは下取りなしの場合は引き出せないのでしょうか?
それは正しくも間違っています。確かにトヨタ自動車からの値引きと言うのはそれほど期待出来ないでしょう。
ただしそれは値引きだけに限定した話です。

アクアを安く購入するための簡単値引き交渉方法 > アクアの値引き下取りなしだとどこが限界?

2017年にアクアの値引きは下取りなしの場合は引き出せないのでしょうか?
それは正しくも間違っています。確かにトヨタ自動車からの値引きと言うのはそれほど期待出来ないでしょう。
ただしそれは値引きだけに限定した話です。

トヨタアクアの値引きは下取りなしだとどうなる?

アクア購入時に下取り車がない場合には、車両価格からの基本値引きだけになります。
交渉するにしても交渉材料が極端に少ないということです。

アクアは車両価格もミニバンなどに比べると、高価な車種ではありませんから、車両本体価格からの値引きはあまり期待できません。
目安としては2017年12月現時点では16万円程度になっています。

もちろんこれだけあれば十分という方もいるでしょう。
しかし、価格的にどうしても、もう少し・・・という方は考え方を変えてみるのも1つかと思います。

1つは車種を変えるという方法です。

流石に条件がアクアのような、コンパクトカーなおかつハイブリッド車となると難しいですが、コンパクトカーの幅なら少なくありません。
トヨタであれば、ヴィッツ、パッソなど他にも人気の車種もありますよね。

いわゆるライバル車のホンダであれば、フィットハイブリッドも考慮できます。

しかし、どうしてもアクアが欲しい!という方は、ちょっとだけ中古車なんて考慮してみませんか?

中古車というと「いかにも使用歴があって車体もいまいち、壊れるのも間近」
なーんてイメージがありますよね。
でも実際には最近では状態のいいものも少なくありません。

その代表的なものが、いわゆる未使用車、新古車というものです。
これはディーラーの都合(ノルマ達成)のためにナンバー取得だけされたものです。

知り合いに聞いた話では、決算までにノルマが達成出来ているのと出来ていないのでは店舗の扱いが全然違うそうです。
どうしても最新グレードが良いという方でなければ中古車、新古車というのはとても賢い選択だと思います。

当然ながら価格も安く抑えられますし、同じ金額を出すにしてもグレードアップや付属オプションの多いものも選べるかも知れません。
やっぱり最大のメリットはどこまで行ってもコスト面ですね。

購入後の保証などは中古車販売店などによって違いますので確認しましょう。


>>>インターネットで未使用車を探す